幼稚園生活一ヶ月

入園式から一ヶ月が過ぎて・・・。

 

 

けっこう、ものすごい入園式でした。
まぁ、以前の子の入園式が10年とか前の世界ですから(笑)
覚えてないといったら覚えてないんですが
まだ当時ってさほど三年保育は主流じゃなくて、四歳になってから入園になると
かなり落ち着いていたのかもしれません。

 

ともあれ、三歳児は赤ちゃんという認識を持っている自分。
幼稚園児は赤ちゃんである、と思っている自分。
その自分をちょっと封印して、参観日にのろのろと見に行きました。

 

すごいです。
一ヶ月でかなりシュっ!とした幼稚園児になってました。

 

先生が言うと動きます。一ヶ月で!ですよ。

 

どこぞのネットの意見で
日本人ですから赤ん坊でも他人をみて動こうとします、同じように。と。

 

その言葉がリフレインするほどに。
いや、そうじゃなく親ガモと子ガモみたいな印象、なんとなくつまらないなぁ、って
思ったり。

 

もしかしたら楽しくない、かもしれないけれど
幼稚園は教育機関で学校なのでそういうものなのかな?
もうちょっと自由度が高かった気がするけれど気のせいなのかしら?とか。

 

もっと、他の幼稚園ってガッツリしてるのかな?とか。

 

ここのところ、小学校の運動会は春にあることがおおくて
小学校一年生とか入学一ヶ月で運動会。
それってどうなの?と思うんですけれどね。
個人的にはもっと一年生はやっぱり幼児なので、幼児なりに育ってほしいのだけれども・・・。

 

なにが違うのかなぁ・・・?
自分がヘンだといわれたらそれまでですけどね(苦笑)